2018年03月22日

花の名は。娘が見つけた白い花。

先日、娘がお友達と公園で遊んで帰ってきて、「かわいい白い花を見つけたから名前が知りたいの~!」と言って図鑑を開いて一生懸命に探していました。

DSC_1102
↑わが家の植物図鑑はこれ。図鑑は『小学館のNEOシリーズ』を集めています。

名前のわからない花をどんな風に探すのかな?と見守っていると、娘なりに考えて工夫して調べていました!

①「春の植物」のページをみてみる
②すずらんに似ていたから、すずらんのページをみてみる

けれども①②で見つからず、わたしに助けを求めてきました。
わたしは一緒に公園へいったわけではないので、どんな花だったのか聞き取り調査(笑)

「白くて、すずらんとかユリに似ていた」
「小さな花」
「すずらんみたいに下を向いてるんじゃなくて花はもうちょっと上向きだった。」

う~ん…このヒントではわたしにも花の名前はわかりません…。

とりあえず、Webで《春 花 白》で検索をして画像を見てみますが白い春の花はたくさんあるので、娘が見つけた花がどれなのかさっぱりわからず…。

そこで、娘が紙に絵を描きはじめて。
「花びらの真ん中が黄緑色なの」と良いヒントを出してくれました!

DSC_1103

そこで、《ユリ科 白 黄緑》で再度画像検索。
娘にみてもらったところ、花の名前が判明しました~!

娘が見つけた花の名は、《アリウム・トリケトラム》(ユリ科)という名前でした!
確かに、黄緑色のすじが花びらの真ん中にあるのが特徴的なかわいらしい花です。

e9918cce0abd8df327827d652559f3ac_w
↑こちらのお花です。
昨日、娘と一緒に見に行って写真を撮ろうと思っていたのですが雪がふってしまい行けませんでした…。(こちらの写真は、photoACさんより)

花の名前がわかって、娘はとっても嬉しそうにしていました!
Webで調べたところ、茎や葉っぱはニラのような独特のにおいがあるらしく、娘は「今度においかいでみる!」と張り切っていました(笑)

わたしは、そういう風に何かに興味を持って自分で調べてみようというその姿勢や、特徴をとらえてその特徴をヒントに正解を導きだす一連のやりとりに、親バカですが感心してしまいました。

娘は植物や動物が大好きです。
公園や動物園や植物園にいくと本当にウキウキと楽しそうにしています。
動物園や植物園には頻繁にいくのは難しいけれど、娘の興味や知りたい学びたいという気持ちを大切にしてあげたいなぁと改めて思ったのでした。

でも母としては興味のあることだけじゃなくて、日々の学校のお勉強もそれくらい興味を持ってほしいものですが。。
まぁ、何でもいいから好きなものがあるというのは素晴らしいということにしましょう