2017年09月

2017年09月30日

植物の図鑑 オジギソウの花が咲いた!

ベランダのプランターで育てているオジギソウ(おじぎ草)の花が咲きました。
まん丸で繊細なお花です

[画像:2caf7e66-s.jpg]

種から育てて、ここまで大きくなりました
去年は途中で枯らしてしまったので、今年は花まで見ることができてよかったです。
花は一日でしぼんでしまうので、毎朝こども達は「今日はどうかな??」と楽しみにベランダをのぞいています。

植物好きなこども達、公園や道端の花や草木をみつけては「これは何の花?」「何の実?」と聞いてきます。名前がわかるものについては、名前を教えて帰宅後こども達で図鑑で調べるようにしています。
ちなみに、調べてみたらオジギソウはマメ科なのだそうです。花のあとはマメっぽい実になるのかしら?

名前のわからないものについては、わたしがスマホで検索
【赤い実】【秋】【公園】などのキーワードをいれて画像検索して似た木や実を調べます!ちなみに、このキーワードで検索して赤い実はハナミズキの実であることがわかりましたよ名前がわかったら、それをまた図鑑で調べます。

検索もとっても便利ですが、図鑑は家族やきょうだいで一緒に開いてワイワイいいながら興味が広がっていくような感じが楽しいです

わが家は、≪小学館の図鑑NEO≫のシリーズの図鑑を集めています。こちらのシリーズはいわゆるザ・図鑑という感じの図鑑です。
→ 小学館のHP (いろいろな図鑑がありますよ!)

『小学館の図鑑NEO 植物』
門田裕一(監修),和田浩志 畑中喜秋 岡田比呂美 小学館

植物 (小学館の図鑑NEO)

≪小学館の図鑑NEO≫『植物』は、身近な草花・木から世界の植物、キノコ、果物野菜などいろいろなことが載っていて写真や絵もカラフルでとてもきれいです。
身近な草花や野菜果物などの写真も多いので、小さなお子さんでも楽しいと思います。
実際に、息子は字が読めるようになる前から図鑑をみて楽しんでいました「ひまわりのお花だね~!」みたいな感じです。

図鑑は一冊のお値段が高いので、わが家では、クリスマスやお正月、入学などのタイミングで購入することが多いです。わたしたち親からということもありますし、祖父母からのプレゼントに図鑑をリクエストすることもあります。おじいちゃんおばあちゃんから「何をプレゼントしたらいい?」って聞かれたら「長く使えるから〇〇の図鑑がいいかな~」とリクエスト!知育にもよさげですし、イメージもいいような(笑)

ちなみに、うちには今9冊!
(《動物》《植物》《魚》《乗り物》《地球》《人間》《鳥》《恐竜》《星と星座》)
次に欲しいのは、《水の生物》です
クリスマスかな~。。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

frefremama at 12:04|PermalinkComments(0)本 児童 | 絵本 幼児

2017年09月29日

リンゴの絵本と、ウサギリンゴ

この前、食後のデザートにリンゴをだしました。何となくウサギリンゴにしてだしたのですが、その時の息子の反応にちょっと笑ってしまいました

【わたし】「はい!デザート~。」
【 娘 】「わぁ~、うさぎのリンゴだ~
【  息子  】「これ、カニ?」
【わたし】「カニ…蟹?あっ!カニの爪っぽいね~。」(ちょっと笑いそうになっている)
【 娘 】「うさぎだよ~!!」
【わたし】「確かに、蟹の爪みたいにも見えるもんねぇ。」
【  息子  】「うさぎ???エビ?あっ、カニか!」
【わたし】「まぁ、いろんな風にみえるんだね~。」(笑いを我慢)

息子、ちょっと天然です(笑)これまでもいろんなおもしろ発言をしてきましたが、久しぶりに想定外のことを言われてちょっと笑っちゃいました本人は、いたって真面目に発言をしているので、笑うと怒られます…必死に笑いをこらえてましたが、途中で一瞬はさまれた「エビ?」がツボにはまってしまい、ちょっと笑ってしまいました

[画像:3984e7f3-s.jpg]

さて、スーパーなどでもリンゴが少しづつお安く売り場も広くなってきました。これからリンゴがおいしい季節ですね!リンゴを食べてリンゴの絵本を読んでリンゴのシーズンを楽しみましょう

『りんごかもしれない』
ヨシタケシンスケ ブロンズ新社

りんごかもしれない

たった一つのリンゴから広がる発想。その発想力にクスッと笑ったりこんな発想できるのかとびっくりしたり。「かもしれない」っていう言葉のもつ力はすごいですね。わが家の息子…字を書いたりはまだ苦手で学年でものんびり屋ですが、天然の息子にはもしかするとこんな風に世界をみることができるの《かもしれない》!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

frefremama at 09:19|PermalinkComments(0)絵本 幼児 

2017年09月28日

わらべ歌と絵本 子育て支援センターの思い出

わたしは結婚してから娘が3歳直前まで、主人の仕事の関係で東北地方のとある県に住んでいました。慣れ親しんだ土地から離れ、最初は全く知り合いのいない状態でした。

娘とずっと家にこもっているとイライラすることもあるし、育児の悩みを相談する人もいない。このままだとダメな気がすると、どこかへ出かけようと思っていろいろと調べて、子育て支援センターや図書館などの公共の施設でやっているお話会に通うようになりました。

家から一番近くの、一番お世話になった子育て支援センターでいつもうたっていたわらべ歌。そのわらべ歌の絵本です。

『ととけっこうよがあけた』
こばやしえみこ(案)ましませつこ(絵)こぐま社

ととけっこう よがあけた (わらべうたえほん)

この本をみるだけで、当時のいろいろなことを思い出します。

【まめでっぽう】の歌詞を【〇〇ちゃん】と娘の名前にして歌っていたこと。いつも明るく話を聞いてくれる先生がいて、二人目妊娠中の私を気遣ってくださったこと。娘のはじめてのお友達もできて、わたしのはじめてのママ友もできたこと。娘のイヤイヤが激しくて周りの目が気になった日々のこと。併設の保育園の一時保育ではじめて親子離れ離れの時間を過ごした日のこと。

流行の歌をきくと、その当時の記憶がよみがえるように、このわらべ歌と本は私にとって娘の子育ての大切な思い出とともにあるんだなと思います。
大切にしていきたい一冊です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

2017年09月27日

運動会の絵本 もうすぐ、運動会!

娘の通う小学校も息子の通う幼稚園も、もうすぐ運動会です。

ふたりとも一生懸命に練習をしているようです
わたしに似てあまり運動が得意なほうではなさそうですが…
楽しく思い出に残る運動会になってほしいなと思っています。
母も頑張ってお弁当づくりやらお当番(今回、運動会のお手伝い係をやります)をしたいと思います


息子の好きなパオちゃんシリーズや他にも運動会の絵本がいろいろあります
お気に入りはこの二冊!

『パオちゃんのうんどうかい』
なかがわ みちこ PHP研究所

パオちゃんのうんどうかい

パオちゃんとお友達の動物たちが一生懸命に運動会をがんばります。
種目もかけっこ、玉入れ、綱引きなどスタンダードなものなので、どの幼稚園や保育園、小学校でも何かしらはあるのではないでしょうか。
可愛い絵とリズミカルな文章で楽しい絵本です。
もともと、パオちゃんシリーズが好きな息子のお気に入りの一冊です

『よーいどん!』
中川 ひろたか(作)村上 康成(絵) 童心社

よーいどん! (ピーマン村の絵本たち)

普通の運動会のかけっこが始まったかと思ったら、ありえない展開に???
くすっと笑える要素がいっぱいの絵本です。
最初の数ページでつかみはオッケー!(笑)
笑顔になれる絵本です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング