2017年12月

2017年12月24日

クリスマスイブ  サンタさんへのお手紙

今日はクリスマスイブ

娘が、クリスマスツリーの下にこんなお手紙を置いていました

PhotoGrid_1514094823760

そして、その横には、缶に入ったチョコレートチョコレート、ホントは早く食べたいけど「サンタさんに食べてもらうから!」とクリスマスまで我慢してツリーの下に置いています
《おひとつどうぞ》ってメモが貼り付けてありました(笑)

PhotoGrid_1514095445398

きっと、ウチの担当のサンタさんはチョコレート大好きだから喜んで食べるんじゃないかな

皆さまも、ステキなクリスマスをお過ごしください





2017年12月22日

冬至のわが家の晩ご飯の献立  「ん」づくしのメニュー!

今日は冬至ですね。
こども達と朝の支度をしながらテレビをみていたら、お天気コーナーで冬至について取り上げられていました。
こども達にはわたしからも冬至のこと説明していたのですが、やはりテレビの説明のほうが分かりやすいし食い付きますね

娘は、冬至の意味などよりも「ん」がつく食べ物を食べるというのが印象的だったようで

「今日の晩ご飯は「ん」がつくものにしてね!うどんとカボチャだって!コンニャクもいいらしいよ!」

と晩ご飯のメニューに「ん」のつくものを準備してほしいと言い残して学校へ。
わたしは、さてどうしたものかと晩ご飯のメニューについてアレコレ考え…というのも、今日は習い事やその他予定が詰まっていて、あまり凝ったものを用意する余裕がなさそうだったのです

短時間でわたしの料理スキルで作れて、偏食の息子も食べられるメニュー。
それでいて、「ん」がついて娘も納得する冬至っぽいメニュー!

悩みに悩んでわたしが作ったメニューはこちら

DSC_0665
↑お箸や取り皿は写真を撮ったあとにこども達に並べてもらいました。
写真も料理も下手でスミマセン

・かき玉うどん
(にんじん、豆苗をトッピング)
・鶏肉和風ハンバーグ
(つくねとは言わずハンバーグ(笑))
・玉コンニャク
(温めるだけの市販のもの)
・天ぷら
(南瓜、さつまいも 市販のお惣菜)
・みかん&りんご

一応、全てのメニューに「ん」がついているはず
「ん」が10個入っています

市販のものやお惣菜も使いましたが、娘も納得の冬至ディナーとなりました
こども達と「ん」がつくものを見つけながら食事を楽しみました
母、がんばって考えたかいがありました

・かき玉うど「ん」
・に「ん」じ「ん」
・ハ「ン」バーグ
・玉コ「ン」ニャク
・て「ん」ぷら
・な「ん」き「ん」
・みか「ん」
・り「ん」ご

晩ご飯のあとは、息子が楽しみにしていたゆず湯に入ってこども達は柚子で遊びながら長湯していました。
息子は、柚子を浮かべたら入浴剤のようにお湯が黄色になると思っていたようで…
「お湯の色がかわらない…」と若干納得いかないようでしたが


もっとお料理上手だったら色々手作りしたりできるかもしれないですが、わたしのスキル&キャパでできる範囲は正直こんな感じです。
でも、わたしとしては今年の冬至をこども達と一緒に満喫できたなと思っています
楽しく過ごせたからそれでよし

季節の行事を一緒に楽しめるうちは出来る限りいろんな工夫をしてわたしなりに楽しんでいきたいなと思っています
クリスマス&お正月ももうすぐ!師走ってホントに忙しい 
楽しく過ごせるように母はがんばります


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



足先の冷えと、母のぬくもり

寒い季節。
布団にはいってもすぐには身体が温まらないこともありますよね。
足先が冷えきってなかなか温まらなくて…。

わたしは冷え性なのですが、娘もこどもなのに手足が冷たいことが多いです。
娘は痩せ気味で筋肉量が少ないからかなと思っています

わが家は、普段家族4人が川の字になって布団で寝ています。
寝かしつけはもうほとんど必要ないのですが、たまに「寝るまで横にいて~!」となる日も。

そんな日、娘はわたしのふくらはぎに足の裏をピタッとつけて暖をとることがあります。
わたしは、冷たいしたまに痛いしなるべくやめてほしいのですが、娘は「あったかい~!」と喜んでやめません。
足先が温まるからなのか安心するからなのかはわかりませんが寝つきがよくなるような気がします。

わたしも、遠い記憶の中で自分も幼い頃、母に布団の中で足を温めてもらったような。。人の体温ってあたたかいんですよね。
文字通り、《母のぬくもり》というものでしょうか

現在、娘は小学校低学年で、息子は幼稚園児。布団に一緒に並んで寝るのはあと何年でしょう。
あとたった数年間のことなのであれば、今だけならばわたしのふくらはぎのぬくもりを是非どうぞという気持ちにもなれるような気がします

まだまだこれから冬本番寒い日が続きます。《母のぬくもり》を求めてくれるうちは一緒に布団であたたかくして寝たいと思います






frefremama at 13:41|PermalinkComments(0)ブログ 

2017年12月21日

今時のこども達は昔話を知らない?!『いっすんぼうし』をしらなかったわが家のこども達と、昔話のキャラクターのあの人気CM

しりとりがブームの息子。
車に乗っているときや、暇なときにしりとりをすることがあります。
(しりとりについての話はこちら→

先日、しりとりをしていた時にわたしに「い」が回ってきました。
わたしが、「いっすんぼうし」と答えると、「いっすんぼうしって何?」とこども達。

有名な昔話なので、知っているものと思っていたのですが…こども達は知らなかったようです。確かに、わが家に『一寸法師』の本はないし、これまで図書館で借りたこともなかったと思います。
でも、有名な昔話なので知っていると思っていたので…知らないことにちょっと驚きました。
まぁ、母のわたしが読み聞かせてないのだから知らなくて当たり前なのですけれどね…。

思えば、わたしがこどもの頃はテレビでも昔話のアニメ番組があったり、家に昔話全集のような本があったりして昔話に触れる機会が多かったのだなと思います。
幼稚園などでの読み聞かせやお遊戯会の劇の題材も昔話が多かったように思いますしね。

今時は、選択肢がとても多くて、絵本やテレビ番組もたくさんの種類があります。
わたしがこどもの頃より昔話に触れる機会は少なくなっているのだと思います。
それが悪いことだとは思いません。選択肢がたくさんあるということは悪いことではないと思います。
でも、わたしからすると《当たり前に知っている昔話》がこども達世代にとってはそうではないのだなとちょっぴりさみしく思いました。

某携帯電話会社のCMで、昔話が元になっているCMがありますよね?!
「浦島太郎」「金太郎」「桃太郎」「かぐや姫」など、大人世代からすると有名で誰もが知っているキャラクターです。大人世代にとっては、もともとの昔話やキャラクターについて何となく共通理解があります。
だからこそみんなが面白いCMだなと感じるのだと思うんです。

わが家のこども達、「浦島太郎」「桃太郎」「かぐや姫」は絵本を読んだこともあるので、ストーリーを知っています。なので、CMをみて《昔話のキャラクターが元になっているんだな》ということも大人と同じようになんとなく分かっていると思います。
でも、「金太郎」は、知らないみたいで。
どうやらCMの中だけのキャラクターだと思っている可能性も。。

実は、わたしですら「金太郎」って本でちゃんと読んだことあるのかしら?と…。何となく、クマとお相撲したんだよね~くらいには知っているのですが、それからどうなったんだっけ??という感じです。
母親世代がそれなのでもちろんこども達も知るはずないですね。。

わが家では、基本的に幼児期以降はこども達が選んだ本を図書館で借りて読み聞かせ(または自分で読む)してきています。こども達、昔話を選ぶことはあまりないので…昔話を読む機会は少ないです。
娘は、学校の課題で《昔話やおとぎ話を読もう》というものがあったので、昔話やおとぎ話に一時期はまっていました。息子よりは知っていると思うのですが(でも、どちらかというと外国のプリンセス系のおとぎ話メインで読んでいたので日本の昔話はあまり知らないかも)、幼稚園児の息子はホントにあまり知らないかもしれないなと思います。。

わたしは、昔話ってわざわざ「昔話の〇〇を読むぞ~!」と張り切って購入したり図書館で借りたりする絵本じゃないような気がしていたのですが、最近は日常の会話の中で「●●って昔話知ってる?」と話して話の流れから「今度図書館で借りて読んでみよっか!」とちょっぴり誘導してみたりもしています。

ギリギリまだ読み聞かせを聞いてくれる年齢のこども達なので、いろんな昔話を今のうちに一緒に楽しめたらいいなと思っています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


frefremama at 15:48|PermalinkComments(0)ブログ | 絵本 幼児