【くじらぐも】と作者の話いろんな顔の絵本と、【ひらめっこ】

2017年09月19日

しりとりの絵本と、息子のしりとりブーム

うちの息子(4歳年中)、字を覚えるのが遅いです。。。
やっと読みはまともになってきましたが、
まだ平仮名もかけません
自分の名前くらいかけるようになってほしい
と思っています!

そんな息子ですが…
最近しりとりがブームです!

わたしや娘と一緒に毎日のように
しりとりをしています。
意外に語句をしっていて
おどろくこともありますし、
発想力や頭の柔らかさは幼児ならでは
といったところでしょうか。
意外に続くものですよ!

息子は、【と】が回ってくるのを
心待ちにしていて(笑)
必ず「とまと」「トースト」で
返してきます
言ってやったぞ!という
ニヤニヤした顔がたまりません

さて、しりとりブームの息子に
先日図書館でしりとりの絵本を
借りてきました。


しりとり (はじめてのぼうけん)
『しりとり』(はじめてのぼうけん)
まつおか たつひで ポプラ社

絵が、なんともリアルというか…
可愛くもありキモカワでもあり!?
【こんぶ】→【ぶた】のしりとりで
昆布が豚に巻き付いていたり(笑)
つながっているんです。
よくみるとクスッと笑っちゃうような
ユーモアのある絵本です。
しりとり自体はそれほど難しくなく、
字を覚え始めのお子さんにも
おススメです。



でんしゃのしりとり
『でんしゃのしりとり』
交通新聞社(編集)

こちらは、鉄道好きにはたまりません!
電車の名前がしりとりになっています
いろんな電車が写真とともに載っていて
電車の図鑑のよう
平仮名なので、字を覚えたばかりのお子さんも電車の名前を読むことができると思います。

息子、鉄道好きの主人に似て
≪子鉄≫なんです。
特に好きなのは、はやぶさ!
ほかの平仮名はゆっくり一文字ずつ
お経のように読みますが
【はやぶさ】だけはスラスラ読めます。

この本をみつけたとき、
この本なら興味をもってくれそうだなって
思いました
実際、自分で本を開いて写真を見ながら
読もうとしていました。
まぁ、途中で疲れて飽きてしまうのですが…
それでも、興味をもって自分で読むって
とっても大切なことなのでうれしいですよね。
≪子鉄≫のお子さんにぜひおススメです

図書館だと、絵本コーナーではなく、
電車や働く乗り物の本や図鑑のコーナーに
置いてありました


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

frefremama at 22:59│Comments(0)絵本 幼児 | 本 児童


スポンサーリンク



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 


スポンサーリンク



【くじらぐも】と作者の話いろんな顔の絵本と、【ひらめっこ】