ダジャレと絵本明日は十五夜! お月様の絵本

2017年10月02日

お芋の絵本と、おやつの焼き芋の話

先日のおやつは焼き芋にしました。
最近は、スーパーやコンビニでも売っていて買いやすいです。自分ではなかなか焼き芋って作れないので。。上手に簡単に作れる方法があれば教えていだだきたいです。わたしは以前オーブントースターで作ろうとして失敗したうえに火傷してしまい、それ以来お店で買うことがほとんどです。。

娘も息子も焼き芋が好きです。ただ、おいしい焼き芋のときは喜んで食べるけれど、パサパサしている《はずれ》の焼き芋の場合はすぐに「お母さんにあげるよ」と私に押し付けてきますが…おいしい焼き芋の見分け方も知りたいところです。なんとなく、欲張って大きなものを選ぶより中くらいから小さめのお芋のほうがおいしいような気もするのですが…まだまだ焼き芋の目利きの修行中です!

さて、お芋がおいしい季節、芋ほり遠足にいかれるお子さんも多いのでは?
お芋の絵本を読んだら、芋ほり遠足がより楽しくなるかもしれませんね!

『さつまのおいも』
中川ひろたか(文)村上康成(絵)童心社

さつまのおいも (ピーマン村の絵本たち)

おいもさんたちの土の中での暮らしをのぞきみると、まるで人間のよう。そんなおいもさんたちと遠足にきたこども達が綱引き(つるひき?)の勝負をします!最後は、それはズルいよ~と言いたくなる(わたしが勝手にズルいって何が?って感じですが。。)こどもが大好き《オナラ》でオチが!!ユーモラスで笑える芋ほりや焼き芋を食べるのが楽しみになる一冊です。

↓ウチにあるお芋。これは晩ごはんに天ぷらにしようかなと思ってます。
[画像:b4efb1c3-s.jpg]



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング




frefremama at 07:30│Comments(0)絵本 幼児 


スポンサーリンク



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 


スポンサーリンク



ダジャレと絵本明日は十五夜! お月様の絵本