怖くない《昔ばなし》 鬼も悪者もいじわるじいさんもでてこない絵本かくれんぼの絵本とウチの【室内かくれんぼ】のはなし

2017年10月13日

タダで絵本を手に入れる方法【わが家の場合】

さて突然ですが、わが家は普通のサラリーマンの主人と扶養内(昼間数時間×週3日程度)パート主婦のわたしの給料で生活しています。
はっきり言って絵本をいつでも好きなだけ買ってあげたり、家の本棚に数百冊!みたいなことができる余裕がありません
なので、いつも図書館を利用することが多いです。図書館に行ってその場で読みたい本を選ぶこともあれば、読みたい本を予約して借りることもあります。常に一人あたり数冊借りている状態です。借りている本を置いておく用のスペースもあるくらいです。
そんな、絵本にお金をかけていないわが家ですが、絵本を買わないから持っていないわけではなく、案外本棚に絵本が並んでいたりもします。なぜ、絵本にたいしてお金をかけていないわが家の本棚に絵本が並んでいるのか…そのヒミツをご紹介します!(なぁんだ、それか!というものばかりかも知れませんが…)

【1】おさがりでもらう
わたしは、基本的に服もオモチャもおさがりに抵抗がありません。絵本も、複数の知人からいただきました。中には名前が油性ペンでかかれているものもありますよ(笑)

【2】出産祝いでもらう
リクエストしたわけではありませんが、出産祝いに赤ちゃん向けの絵本を何冊かいただきました。わたしも、知人の出産祝いに絵本をよく贈りますよ。

【3】イベントの際の祖父母からのプレゼント
誕生日、クリスマス、お正月(お年玉)、進学などのイベントのときに祖父母からのプレゼントとして絵本や図鑑を頂くことがあります。「何がいいかしら?」と相談された時に図鑑をお願いしたりしています

【4】図書館のリサイクルコーナー
わたしが利用している図書館には片隅に《リサイクルコーナー》というものがあります。図書館で除籍資料となった本が置かれていて、誰でも自由に(ひとり何冊までという決まりはあります。)持ち帰っていいことになっています。絵本も置かれていることがあるので、わたしは図書館にいくと必ずチェックしています。
除籍資料とはいっても、図書館のラベルや図書館の管理用のバーコードが貼ってあったり、《除籍資料》と中表紙にスタンプが押してあったりするだけで、普通に読む分には問題ありませんよ。絵本をインテリアとして飾りたいというのには向いていませんが…。

【5】リサイクル交換会
わたしの住んでいる地域ではたまに児童館などでこども用品のリサイクル交換会が催されます。自分の家にあるこども関係の不要品を持っていって交換するんです。絵本から絵本でもいいし、小さくなった子供服を絵本に交換してもOKです。交換会の案内は、地域や自治体の広報紙に載っていることが多いですよ。

【6】ポイントで買う(タダでとは言えないかも?!)
電子マネーのポイントや通販サイトのポイント、貯まったままになっていませんか?有効期限があるポイントもあるので、わたしは定期的にポイントを使って買い物をしています。たくさんポイントが貯まっていたら、ポイントだけで(タダでと言っていいのか微妙ですが…)現金をつかわずに絵本を購入することができますよ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆  

【4】【5】は住んでいる地域によってあったりなかったりかもしれません。お住まいの地域の図書館や自治体・児童館などに確認してくださいね!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング




スポンサーリンク



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 


スポンサーリンク



怖くない《昔ばなし》 鬼も悪者もいじわるじいさんもでてこない絵本かくれんぼの絵本とウチの【室内かくれんぼ】のはなし