ことわざ《嘘八百》 ウソって800円?!聞き間違い

2017年11月17日

新聞紙を42回折ると月に届く!?【遊びの算数】

みなさんは、《新聞紙を42回折ると月に届く》という話をきいたことあるでしょうか?
わたしは、ずっと昔に何かで聞いたことがあったようでなんとなく知っていて。
先日、ふとしたことから自宅で娘とちょっとやってみよう!ということになりチャレンジしてみました

DSC_0463

これで、7回折った状態です。もう曲げることができません。
わが家での限界は7回でした!!
娘も別の紙で挑戦したのですが、やはり7回が限界でした

BlogPaint

7回折ったときの厚みです。だいたいですが、1cmくらいですね!

ここからは少し数学っぽい話を。

さて、紙の厚さを0.1㎜と仮定すると、1回折ったら0.2㎜、2回で0.4㎜、3回で0.8㎜というようにどんどん厚みが倍になっていきます。
これを式で表すと、【n回折った場合の紙の厚み(㎜)=0.1㎜×2のn乗】ということになります。
42回折った場合、紙の厚みがどれくらいになるかを上の式に当てはめて考えると、
42回折った場合の紙の厚み(㎜)=0.1㎜×2の42乗=0.1×4398046511104=約440000000000
キロメートル単位に治すと約440000キロメートルとなります。
月までの距離一般的にだいたいおそぞ380000キロメートルとされているので、計算上は紙を42回折ると月まで届くということになるのです。

ちなみに、n回のnの数字を変えることでいろいろと計算できます。
いろいろ計算してみるととってもおもしろいですよ
ただ、計算するときの単位の換算をわたしは最初間違ってしまい…単位の換算、要注意です。

10回折った場合の厚み=約10cm
14回折った場合の厚み=約163cm ※わたしの身長を超えます…
20回折った場合の厚み=約104m
25回折った場合の厚み=約3355m ※だいたい富士山

紙を折ったり、わたしや主人が計算した数字で
「〇回折ったら〇くらい!すご~い!別の紙でもう一回折ってみる!」
といって楽しそうにしている娘に
「これも算数なんだよ。」
とわたしや主人がいうと、
「これが算数なの?」
といっていたのですが、これも算数ですよね!

教科書に載っている算数でもなく、お金など実生活に関係する算数でもなく、【遊びの算数】。
教科書には載っていないし、テストにもでない。これから先の人生で役に立つことはないかもしれない。でも、楽しく家族みんなで楽しみながら指が痛くなるほど必死で紙を折り、裏紙いっぱいに必死で計算した算数。
そんな算数があってもいいと思います

決して役にはたたないかもしれませんが…みなさんも家族で【遊びの算数】いかがでしょうか??
紙、8回以上折れたかたがいたらどうやったかぜひ教えてほしいです~!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング





スポンサーリンク



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 


スポンサーリンク



ことわざ《嘘八百》 ウソって800円?!聞き間違い