お正月の散歩と、ヒメツルソバ(ポリゴナム)の花と花言葉1月11日は鏡開き! おやつはぜんざい&わが家の鏡餅

2018年01月08日

1月7日は七草粥! 春の七草と、わが家の七草粥レシピ

1月7日に七草粥を食べると一年間無病息災でいられるとされています。
お正月のごちそうで疲れた胃腸を休ませるためなどといわれていますよね。

DSC_0802

こどもの頃から、実家でも1月7日には七草粥を食べていました。
おばあちゃん(同居していた)が作る七草粥は、七草以外の具が入っていたりもしましたが(笑)それでも、家族の健康を祈って作ってくれていたんだなと今では懐かしく思い出します。
ずっと昔から続いてきた風習を祖母から孫へと伝えてくれたように、わたしもこども達へと伝えていきたいと思っています。

さて、今年は近所のスーパーで七草セットを買って、こども達と植物図鑑やパッケージに描かれている絵をみながら「これがセリ!」「ホトケノザが載ってない!」などとワイワイと楽しみました。

DSC_0804

小さいパックを買ったからか、メチャクチャ小さいものもあって…。「7つ入ってないよ~!」と騒いだりもしましたが、よ~く見ると小さいものが入っていました。

「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ、春の七草」

わたしは、短歌のように57577のリズムでこの順番で覚えています。
元々は「春の七草」ではなくて「これぞ七草」だったみたいですが、わたしが小さい頃に教わったのは「春の七草」でした。
ちょっと節をつけてリズムをとりながら言うと割りと簡単に覚えられますよ~!

DSC_0806

さて、七草粥ですが、わが家のこども達も主人も正直あまり白粥が好きではありません。風邪など体調不良の時も、白粥ではなくおじやのように味のついているものがいいと言われます。
そこで、今年はちょっとアレンジして中華粥風に味をつけてお粥を炊いてみました。

わが家の今年のレシピです!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【七草粥】

七草セット 1パック
お米 1.5合
シャンタンDX 大さじ2
ごま油 少々(お好みで)

①お米をとぐ。
②スズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)の白い部分をいちょう切りにする。
③炊飯器にお米を入れて《お粥》のメモリに従って分量の水を入れる。
④③に②のスズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)と、シャンタンDXを加えて《お粥》モードで炊飯する。
⑤スズナ、スズシロの葉っぱと残った七草をひとつまみの塩(分量外)をいれた沸かしたお湯で1分くらい茹でる。
⑥ゆで上がった⑤の水気を絞り、細かく刻んでおく。
⑦炊き上がったらお粥を混ぜて味見して、味の調整をする。(シャンタンDXをたす、塩を入れるなど)
⑧お粥を器によそい、⑥の七草をのせる。お好みでごま油をたらす。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

炊飯器で炊くレシピです。
娘も息子も主人も、白粥より好きだったようです。シャンタンDX(わが家が愛用している中華だし)に塩分と旨味が入っているので他には味付けしていません。
薄味にしているので、お好みでシャンタンDXを足したり塩を入れて調整してくださいね。
大人は、ごま油を少したらすとより中華風になります。

DSC_0808

七草粥って、他には何のおかずや副菜を用意したらいいか迷ってしまいます。。
今回は、七草粥&アジの開き&牡蠣のどて焼き(わたしは牡蠣苦手だから主人が担当。写真なし)&フルーツにしました。

七草粥の日は、胃腸を休める日だからシンプルにねってことで手抜きを正当化!
たまにはそんな日もありってことでよしとしましょう。

七草粥食べたし、今年も家族みんな元気に過ごせますように!!




frefremama at 07:44│Comments(0)季節の行事のはなし 


スポンサーリンク



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 


スポンサーリンク



お正月の散歩と、ヒメツルソバ(ポリゴナム)の花と花言葉1月11日は鏡開き! おやつはぜんざい&わが家の鏡餅