雪だるまファミリーと、アナ雪の短編ストーリー絵本もうすぐ皆既月食!こどもと一緒に観察してみる?!

2018年01月25日

栄光ゼミナールの無料の理科実験教室に参加!月のかたちについて学習してきました。

先日、栄光ゼミナールで行われている、理科実験教室に娘と参加してきました。

【栄光ゼミナールの無料の理科実験教室とは?!】

低学年向けに年に数回催されている無料のイベントです
ホームページやハガキ(前に参加したことある場合)で案内があり、事前にWebや電話で申し込みをして参加するものです。娘は、以前に一度参加したことがあり、今回3回目の参加でした。予約定員制で、各教室によって定員や時間帯が違います。

このイベントは、同日に算数・国語の学力診断(こちらも無料)が受けられます。学校のテスト以外のテストを受ける機会ってないので、娘にとっていい経験になっています。親としても、知らなかった娘の得意or苦手分野を知るいい機会になります
こどもがテストを受けている間、保護者は保護者セミナーへ。こちらは、学習についての話や最近の中学受験事情やちょっと営業的な感じの話など。
でも、無理に通塾や入会をすすめたりされることはありませんでしたよ

今回は前回&前々回よりも参加人数が多く、パパが参加されているのもちらほらお見掛けしました。
やはり、学年が変わる前の3学期ということもあって今後の学習について気になる人が多いということなのでしょうね。

実験教室は親子で参加します。
娘もわたしも実験好きなので毎回楽しみにしています。
途中で保護者は順番に声をかけられて別室に一度呼ばれてテストの結果を返却されます。
ここでも、強引な営業もなく
テストの結果と学習に対するアドバイスなどのお話をしました。

↓今回参加した理科実験教室の案内
DSC_0937

【理科実験教室 月のかたち】

さて、今回参加した理科実験教室の内容について少しだけ。
今回の実験教室は、『月のかたちはなぜ変わる?』というテーマでした。

まずは、プリントに沿って授業を受けます。
今回は、わたしが教室に入った時点ですでにある程度話が進んでいましたが、娘はきちんとプリントに沿って授業を受けていました。
先生の説明に従って実験用のセットを組み立てて実際に豆電球をつけて実験
今回の実験は月(発泡スチロールの球体)に光がどのように当たっているかということも見ることが大切なのですが、最初娘はその見方がわからず少し戸惑っていました。
わたしが声をかけることで理解したようですが、低学年向けの題材としては難易度が高めなのかなと思います。
でも、低学年だからこそ先入観のないまっさらな見方ができるので、一度理解すればすんなりと理解もできるようでした。

月のかたちについては、苦手意識のあるこどもが多いと保護者セミナーで話がありました。
実際にわたしも学生時代理解するのに苦しんだ一人です。

今回は、2018年1月31日から2月1日かけてが皆既月食ということもあり、月のかたちがテーマとなっているようでした。
時間帯が遅いので普段早寝の娘にとっては眠くて厳しいかもしれませんが、20時48分から欠け始めるということなのでお子さんによっては見られそうですね!

皆既月食について言葉でこどもに説明するのはかなり難しいので、今回の実験教室で実際に模型を使って説明してもらえてよかったです。
模型で、見ながら楽しんで自然な形で学習できるというのはとてもいいなと思いました。

こちらの実験セット、プレゼントで実験教室に参加するといただけました。

DSC_0938

家に帰ってから、娘が息子に模型を使って一生懸命に説明してくれました。
でも、息子は???という感じで(笑)
息子には難しかったようです。。

【無料の理科実験教室に参加しての感想】

これまで3回理科実験教室に参加してみて、わたし自身勉強になりましたし楽しかったです。
娘も、実験が楽しいと毎回よろこんでいます
参加無料で、実験セットのプレゼントまでもらえることに驚きです。
(宣伝のうちということなのでしょうね。)
わたしが参加した教室では、しつこい勧誘などもなくよかったですよ!
ちらっと社員の方も仰っていましたが、低学年のうちにいいイメージを持ってもらえたらその後につながる可能性が高まるということで、低学年のうちに栄光ゼミナールという名前を知ってもらうということ&良いイメージをもってもらうということを重視しているのだと思います。

無料のテストは、小学校での教科書とぴったり沿った内容ではなく、はじめてみる文章だったり問題形式だったり。
実力を測るという意味でありがたいと感じました。
今回、「まだ習っていないところが問題にあって分からなかった!」と娘が言っていて、実際にその問題はできていなかったのですが、娘なりに一生懸命にその問題にも取り組もうとした姿勢が答案用紙から見て取れてそのがんばりがうれしかったです。

実験教室が楽しいので、それとセットになっていたら塾でのテストというものに関してマイナスのイメージにならずにすむというのもとてもいいと思ます

娘も、「また行きたい!」と言っているし、無料で参加できるのでまた機会があれば是非参加したいと思いました。
今のところ、通塾は考えていないので、塾からするとあまりうれしいお客ではないかもしれませんが…

毎回、実験のテーマは変わるようなので、もし興味がある分野の実験でお子さんが興味を持ったらおススメしますよ!

以前に参加したときのこと→


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
 








スポンサーリンク



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 


スポンサーリンク



雪だるまファミリーと、アナ雪の短編ストーリー絵本もうすぐ皆既月食!こどもと一緒に観察してみる?!