娘の書き初め 書き初め展に出す作品に選ばれましたお月様が食べられた!?こどもと一緒に皆既月食を観察!

2018年01月31日

今日は皆既月食!模型を使って太陽・地球・月の位置(並び方)をみてみよう!

今日2018年1月31日~2月1日にかけて皆既月食がおこります。
今日のニュースのお天気コーナーなどでも話題になっていますね。

月食とは、月が地球の影に隠れしまうことをいいます。
地球が地球の影にすっぽり隠れてしまう場合が皆既月食です。
皆既月食が起こるとき、地球の影に隠れるので真っ暗になって全く見えなくなると思いがちですが、実際には全く見えなくなってしまうわけではありません。て
うっすら赤く、ぼんやりとした満月の形で見えます。

先日、栄光ゼミナールの理科実験教室に参加したとき(こちらの記事参照)に月の動きと地球からの見え方をお勉強できる模型をいただきました。
その模型をつかって皆既月食のときの太陽と地球と月の並び方などを見てみたいと思います。

【模型】
豆電球:太陽
真ん中の大きいほうの球体:地球
小さいほうの球体:月

《図1》
DSC_0986

皆既月食の場合、上の図1のように太陽、地球、月が一直線上に並びます。
月が地球の影にかくれるというのはこういうことなのですね。

《図2》
DSC_0987

図2では、暗いところで豆電球を光らせてみました。
地球の光が当たっている半分は昼で、残りの半分が夜です。
夜の部分に自分が立っているときに月を見上げた場合、月が地球の影にすっぽりと入っているということになります。
今日の夜の皆既月食のときにはこの並びになるということなのですね。

ちなみに、図2では地球の影にはいっている月は光が当たらず光っていません。
けれど、実際の皆既月食のときの月の見え方はうっすら赤くぼんやりとした満月の形に見えます。
※これは、太陽光の進路が地球の大気を通ると屈折するため、わずかに月面を照らすことによりそう見えるそうです。地球の大気には青い光を散乱させやすく赤い光には影響を与えにくい特徴があるため赤くみえるということです。(ディスカバリーパーク焼津天文科学館のホームページ参照)

お天気次第ですが、みなさんも今日は空を見上げてみてはいかがでしょうか?
防寒対策と安全への配慮は忘れずに!!

☆皆既月食が見られる時刻と方角☆

【月が欠け始める時刻】

20時48分(東南東の空)
【月が完全に地球の影に隠れている時刻】 
21時51分~23時8分(南東の空)
【月が満ち始める時刻】 
23時8分(南南東の空)
【月がもとの満月に戻る時刻】 
0時12分(南の空)




スポンサーリンク



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 


スポンサーリンク



娘の書き初め 書き初め展に出す作品に選ばれましたお月様が食べられた!?こどもと一緒に皆既月食を観察!