絵本 あかちゃん

2017年10月13日

タダで絵本を手に入れる方法【わが家の場合】

さて突然ですが、わが家は普通のサラリーマンの主人と扶養内(昼間数時間×週3日程度)パート主婦のわたしの給料で生活しています。
はっきり言って絵本をいつでも好きなだけ買ってあげたり、家の本棚に数百冊!みたいなことができる余裕がありません
なので、いつも図書館を利用することが多いです。図書館に行ってその場で読みたい本を選ぶこともあれば、読みたい本を予約して借りることもあります。常に一人あたり数冊借りている状態です。借りている本を置いておく用のスペースもあるくらいです。
そんな、絵本にお金をかけていないわが家ですが、絵本を買わないから持っていないわけではなく、案外本棚に絵本が並んでいたりもします。なぜ、絵本にたいしてお金をかけていないわが家の本棚に絵本が並んでいるのか…そのヒミツをご紹介します!(なぁんだ、それか!というものばかりかも知れませんが…)

【1】おさがりでもらう
わたしは、基本的に服もオモチャもおさがりに抵抗がありません。絵本も、複数の知人からいただきました。中には名前が油性ペンでかかれているものもありますよ(笑)

【2】出産祝いでもらう
リクエストしたわけではありませんが、出産祝いに赤ちゃん向けの絵本を何冊かいただきました。わたしも、知人の出産祝いに絵本をよく贈りますよ。

【3】イベントの際の祖父母からのプレゼント
誕生日、クリスマス、お正月(お年玉)、進学などのイベントのときに祖父母からのプレゼントとして絵本や図鑑を頂くことがあります。「何がいいかしら?」と相談された時に図鑑をお願いしたりしています

【4】図書館のリサイクルコーナー
わたしが利用している図書館には片隅に《リサイクルコーナー》というものがあります。図書館で除籍資料となった本が置かれていて、誰でも自由に(ひとり何冊までという決まりはあります。)持ち帰っていいことになっています。絵本も置かれていることがあるので、わたしは図書館にいくと必ずチェックしています。
除籍資料とはいっても、図書館のラベルや図書館の管理用のバーコードが貼ってあったり、《除籍資料》と中表紙にスタンプが押してあったりするだけで、普通に読む分には問題ありませんよ。絵本をインテリアとして飾りたいというのには向いていませんが…。

【5】リサイクル交換会
わたしの住んでいる地域ではたまに児童館などでこども用品のリサイクル交換会が催されます。自分の家にあるこども関係の不要品を持っていって交換するんです。絵本から絵本でもいいし、小さくなった子供服を絵本に交換してもOKです。交換会の案内は、地域や自治体の広報紙に載っていることが多いですよ。

【6】ポイントで買う(タダでとは言えないかも?!)
電子マネーのポイントや通販サイトのポイント、貯まったままになっていませんか?有効期限があるポイントもあるので、わたしは定期的にポイントを使って買い物をしています。たくさんポイントが貯まっていたら、ポイントだけで(タダでと言っていいのか微妙ですが…)現金をつかわずに絵本を購入することができますよ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆  

【4】【5】は住んでいる地域によってあったりなかったりかもしれません。お住まいの地域の図書館や自治体・児童館などに確認してくださいね!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


frefremama at 23:06|PermalinkComments(0)

2017年10月05日

床に虫!?と、『はらぺこあおむし』絵本

先日、娘が急に大きな声で「誰かきて~!虫!虫がいる~」と大騒ぎ。何がいるのかと慌てて娘のいる部屋にいくと、主人がもう捕まえていて…でも、主人はティッシュに包んだ虫をじっと見て一言「これ、虫じゃない…塩こんぶ…」と。
何故食卓のある部屋ではなくて、いつもはあまり使わないタンスが置いてある部屋に塩こんぶが落ちていたのかは全くわかりません。普段、わが家では塩こんぶはおにぎりの中に入れることがほとんどで、塩こんぶそのままで食べることはないのに!なぜ!!塩こんぶに大騒ぎした娘と、虫だと思って必死に退治しようとしていた主人(笑)なんだか、笑えてきてみんなで「なんで塩こんぶ~!!😁」と笑ってしまいました。

さて、虫さんのでてくる本といえば有名なこちら!

『はらぺこあおむし』
エリック=カール   偕成社


キレイな色彩と、穴のあいたしかけ、繰り返しのリズム…こどもの好きなポイントいっぱいの絵本です。短い中に起承転結のメリハリのあるストーリーなのも、長く広く読まれている理由なのかなと思います
とっても有名な人気絵本なので、通常の絵本、分厚い紙のボードブック、布絵本などたくさんのバージョンがあります。グッズも色々なものが作られています!わたしは、娘の出産祝いにコンパクトな分厚い紙のボードブックタイプの絵本をいただきました。赤ちゃんのころからよく読んでいましたよ
可愛らしいグッズもたくさんありますし、セットで出産祝いに送るのにぴったりだと思います

【いろんな本&グッズ】
ボードブック(わたしが言う分厚い紙)のものとぬいぐるみのセットで、プレゼントによさそうです。赤ちゃんの出産祝いだけでなく、1歳2歳くらいのお誕生日やクリスマスなどのプレゼントにもよさそうですね


布でできている絵本で、赤ちゃんにピッタリです!絵本というより、おでかけ用に持ち歩くオモチャとしてもよさそうで、出産祝いに喜ばれそうです


幼稚園や保育園での必需品のコップ!こんなに可愛らしいものがあります。テレビキャラクターのグッズは被ることが多いので、絵本のグッズというのもステキお弁当箱や水筒もあるみたいなのでシリーズでそろえられますね!


はらぺこあおむしのカードでお勉強!お勉強が楽しくなりますね。持ち歩きにもピッタリです。お家にあったら自然と遊びの中でひらがなを覚えられそうですね。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



frefremama at 21:02|PermalinkComments(0)

2017年10月03日

明日は十五夜! お月様の絵本

明日10月4日が今年の十五夜なのだそうです。気が早いですが、今日はおやつに《お月見まんじゅう》なるものを
明日のおやつはお団子ですね(食べることばっかり(笑))

[画像:3c3899fc-s.jpg]

さて、お月様の出てくる絵本は娘がまだ小さい頃、我が家では寝かしつけのタイミングで読む本になっていました。ややゆっくり目に優しい口調で読み聞かせしていたように思います。そうすることで、自分の心もなんだか落ち着いたようなそんな記憶があります最近は寝かしつけの読み聞かせの機会がだんだん減ってきてしまっていますが、久しぶりに今日と明日はお月様の本を読んでみようかしらと思っています。

『おつきさまこんばんは』
林 明子 福音館書店

おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本)

有名な絵本です。読んでいるとつい優しい声色になる絵本です。寝かしつけのときに読むのにぴったりの絵本ですね!お月様は赤ちゃんの大好きな《丸いお顔》なので、赤ちゃんも興味を持ちやすいのではないでしょうか。

『ぴよちゃんのおやすみなさい』
いりやま さとし 学習研究社

ぴよちゃんのおやすみなさい (おやこであそぶしかけえほん)

この本は娘の寝かしつけのときのお気に入りの絵本でした。ほぼ暗記していたくらい(笑)しかけ絵本なので、ページをめくる楽しさもありますひよこのぴよちゃんが主人公で、お月様はちらっとしか出てこないのですが…夜の闇を優しく照らしてぴよちゃんを見守るお月様という情景が暖かい気持ちになる絵本です。最後が「おやすみなさい」で終わるのでまさに寝かしつけのタイミングで読みたい本ですね!

明日は十五夜、ススキはなかなか手に入らなくなってしまいましたが、お団子をこどもと一緒に食べて季節の行事を楽しみたいと思っています。皆様も、楽しい十五夜をお過ごしください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング





frefremama at 13:15|PermalinkComments(0)

2017年09月28日

わらべ歌と絵本 子育て支援センターの思い出

わたしは結婚してから娘が3歳直前まで、主人の仕事の関係で東北地方のとある県に住んでいました。慣れ親しんだ土地から離れ、最初は全く知り合いのいない状態でした。

娘とずっと家にこもっているとイライラすることもあるし、育児の悩みを相談する人もいない。このままだとダメな気がすると、どこかへ出かけようと思っていろいろと調べて、子育て支援センターや図書館などの公共の施設でやっているお話会に通うようになりました。

家から一番近くの、一番お世話になった子育て支援センターでいつもうたっていたわらべ歌。そのわらべ歌の絵本です。

『ととけっこうよがあけた』
こばやしえみこ(案)ましませつこ(絵)こぐま社

ととけっこう よがあけた (わらべうたえほん)

この本をみるだけで、当時のいろいろなことを思い出します。

【まめでっぽう】の歌詞を【〇〇ちゃん】と娘の名前にして歌っていたこと。いつも明るく話を聞いてくれる先生がいて、二人目妊娠中の私を気遣ってくださったこと。娘のはじめてのお友達もできて、わたしのはじめてのママ友もできたこと。娘のイヤイヤが激しくて周りの目が気になった日々のこと。併設の保育園の一時保育ではじめて親子離れ離れの時間を過ごした日のこと。

流行の歌をきくと、その当時の記憶がよみがえるように、このわらべ歌と本は私にとって娘の子育ての大切な思い出とともにあるんだなと思います。
大切にしていきたい一冊です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

frefremama at 07:04|PermalinkComments(0)