絵本 幼児

2017年12月21日

今時のこども達は昔話を知らない?!『いっすんぼうし』をしらなかったわが家のこども達と、昔話のキャラクターのあの人気CM

しりとりがブームの息子。
車に乗っているときや、暇なときにしりとりをすることがあります。
(しりとりについての話はこちら→

先日、しりとりをしていた時にわたしに「い」が回ってきました。
わたしが、「いっすんぼうし」と答えると、「いっすんぼうしって何?」とこども達。

有名な昔話なので、知っているものと思っていたのですが…こども達は知らなかったようです。確かに、わが家に『一寸法師』の本はないし、これまで図書館で借りたこともなかったと思います。
でも、有名な昔話なので知っていると思っていたので…知らないことにちょっと驚きました。
まぁ、母のわたしが読み聞かせてないのだから知らなくて当たり前なのですけれどね…。

思えば、わたしがこどもの頃はテレビでも昔話のアニメ番組があったり、家に昔話全集のような本があったりして昔話に触れる機会が多かったのだなと思います。
幼稚園などでの読み聞かせやお遊戯会の劇の題材も昔話が多かったように思いますしね。

今時は、選択肢がとても多くて、絵本やテレビ番組もたくさんの種類があります。
わたしがこどもの頃より昔話に触れる機会は少なくなっているのだと思います。
それが悪いことだとは思いません。選択肢がたくさんあるということは悪いことではないと思います。
でも、わたしからすると《当たり前に知っている昔話》がこども達世代にとってはそうではないのだなとちょっぴりさみしく思いました。

某携帯電話会社のCMで、昔話が元になっているCMがありますよね?!
「浦島太郎」「金太郎」「桃太郎」「かぐや姫」など、大人世代からすると有名で誰もが知っているキャラクターです。大人世代にとっては、もともとの昔話やキャラクターについて何となく共通理解があります。
だからこそみんなが面白いCMだなと感じるのだと思うんです。

わが家のこども達、「浦島太郎」「桃太郎」「かぐや姫」は絵本を読んだこともあるので、ストーリーを知っています。なので、CMをみて《昔話のキャラクターが元になっているんだな》ということも大人と同じようになんとなく分かっていると思います。
でも、「金太郎」は、知らないみたいで。
どうやらCMの中だけのキャラクターだと思っている可能性も。。

実は、わたしですら「金太郎」って本でちゃんと読んだことあるのかしら?と…。何となく、クマとお相撲したんだよね~くらいには知っているのですが、それからどうなったんだっけ??という感じです。
母親世代がそれなのでもちろんこども達も知るはずないですね。。

わが家では、基本的に幼児期以降はこども達が選んだ本を図書館で借りて読み聞かせ(または自分で読む)してきています。こども達、昔話を選ぶことはあまりないので…昔話を読む機会は少ないです。
娘は、学校の課題で《昔話やおとぎ話を読もう》というものがあったので、昔話やおとぎ話に一時期はまっていました。息子よりは知っていると思うのですが(でも、どちらかというと外国のプリンセス系のおとぎ話メインで読んでいたので日本の昔話はあまり知らないかも)、幼稚園児の息子はホントにあまり知らないかもしれないなと思います。。

わたしは、昔話ってわざわざ「昔話の〇〇を読むぞ~!」と張り切って購入したり図書館で借りたりする絵本じゃないような気がしていたのですが、最近は日常の会話の中で「●●って昔話知ってる?」と話して話の流れから「今度図書館で借りて読んでみよっか!」とちょっぴり誘導してみたりもしています。

ギリギリまだ読み聞かせを聞いてくれる年齢のこども達なので、いろんな昔話を今のうちに一緒に楽しめたらいいなと思っています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


frefremama at 15:48|PermalinkComments(0)

2017年12月14日

来年の干支は戌年!  絵本『十二支のはじまり』十二支の由来とされている昔話

12月ももう半分近く過ぎてしまいました
まだ大掃除や年末年始の予定計画などほとんど手付かずのまま…
来週には息子の幼稚園は終業式をむかえてしまいますし、いろいろやらなくては!!

さて、2017年酉年もあとわずかとなり来年2018年は戌年ですね
正式には、戊戌(つちのえいぬ)だそうです。干支は、十干と十二支の組み合わせから成り立つもので、来年は十干が「戊(つちのえ)」で十二支が「戌(いぬ)」ということですね。

トリさんからイヌさんへバトンタッチ!!
DSC_0656

★十二支とは★

子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥の12で、それぞれ動物を意味しています。
十二支の由来とされている昔話がありますよね。

★十干とは★

甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸の12です。
もともと、陰陽五行説の五行である「木、火、土、金、水」と結びつけ、漢字を陰陽の「兄(え)」「弟(と)」にわけたものです。
2018年の「戊」は、「土の兄→つちのえ」です。

★「戌」★

実は、戌年の「戌」という字には、草木が枯れるという意味の「滅」の意味があるとのことです。なんだか、ちょっと不吉な感じで不安ですね…
でも、この「戌」は、ただ枯れるのではなく、種となり芽吹く前の状態ということのようです
「亥」は種の中に生命力が閉じ込められている状態、「子」で芽吹くという次へつながるための「戌」ということなのでしょう。

また、子育て中の方なら、《戌の日》というものをご存知ではないでしょうか?
妊娠5ヶ月の《戌の日》に神社で祈祷してもらって腹帯を巻くという風習です。
この場合の「戌」は、「犬」の意味で、犬が安産だということから《戌の日》にお参りをするようになったそうです。
わたしは、娘の妊娠中も息子の妊娠中も体調の関係から神社には行かなかったのですが、《戌の日》くらいから腹帯をするようにしました!

★十二支の由来とされている昔話★

神様が動物たちと、1月1日に御殿についた順に12番までその年の大将にしてやろうと約束します。動物たちは、みんな御殿を目指しますがそれぞれいろいろ思惑や事情があって…というお話です。
昔話なので、少しずつ話が違っていたりもするのですが、だいたいの昔話でネコとネズミの関係のエピソードがオチになっていると思います
わが家のオススメの十二支の絵本は、いもとようこさん文・絵の『十二支のはじまり』という絵本です。

『十二支のはじまり』
いもとようこ 文・絵 金の星社


有名な十二支のはじまりの物語が、かわいらしい絵と読みやすく分かりやすい言葉で絵本になっています
いもとようこさんの絵本は、『いないないばあ』など何冊か持って入るのですが、とってもかわいらしい絵の絵本は時代がかわってもずっと愛されて読み継がれていくんだろうなと思う絵本ばかりです。
娘は、幼稚園の時に幼稚園での読み聞かせでこの『十二支のはじまり』を読んでもらったらしいです12月の読み聞かせにぴったりの絵本ですね
息子にもと思い、図書館で借りて読んだところ、息子も興味津々!これを機に、干支を覚えてくれたらいいなぁと思います

★まとめ★

十二支は知っていても、十干まで意識することって日常生活ではほとんどないですよね!でも、干支について調べてみて、《全く同じ組み合わせの十二支×十干》になるのは60年ごとということを知った時に、そういえば《還暦でひとまわり》ってそういうことなのね!と、この年齢にもなって今さらですが納得しました
また、それぞれの十二支の漢字にも意味があるということで「戌」についてみてきましたが、それぞれの干支の漢字の意味も毎年調べてみたいなと思いました!







frefremama at 06:26|PermalinkComments(0)

2017年12月11日

わが家のクリスマス準備状況と、クリスマスの絵本『ノンタン!サンタクロースだよ』

もうすぐクリスマス
わが家もやっとツリーを飾りました❗
こども達が飾ったので、歪んでたりしますが…

[画像:0ffb1486-s.jpg]

プレゼントやケーキの手配も一通りおわりました

幼稚園児息子は、仮面ライダービルドのベルトと靴で、低学年娘は、うまれてウーモというオモチャと本です
それぞれ、娘と息子がサンタさんにお手紙を書いてお願いしていたものですツリーのところに置いてある赤いブーツの中にサンタさんへのお手紙がはいっています

仮面ライダーベルト(ラッピングまだ)、靴(ラッピング済)、娘の本(ラッピング済)は入手済み、ウーモは24日までに配送予定で手配済みです

あとは、必要な電池などを買っておかねば!オモチャあるあるかもしれませんが、電池別売りの場合が多いですよね??以前、電池を買い忘れて慌てて買いにいったことが…今回は忘れないようにしなきゃ!
あとは、壁の飾り付けをこども達と一緒にしようかな
お料理は…どうしようかな~?とまだ考え中です💦ギリギリになるかなぁ。。チキンだったら予約しなきゃなのかな??

さて、わが家のこども達が小さい頃から好きなクリスマスの絵本といえば『ノンタン!サンタクロースだよ』というノンタンシリーズの絵本です。
クリスマスシーズンじゃなくても読むくらいお気に入りの絵本でした

『ノンタン! サンタクロースだよ』
キヨノサチコ 作絵  偕成社



クリスマスのドキドキワクワクや嬉しい楽しい気持ちが詰まっている絵本だと思います
ノンタンと同じようにドキドキワクワクしてクリスマスを待ちわび、ノンタンと同じようにプレゼントに大喜びするこども達は、絵本を読みながらノンタンに共感するのでしょうね
絵本を読みながら、ノンタンと一緒にクリスマスを楽しめるような気がします
だんだんノンタンシリーズを卒業しつつあるわが家ですが、クリスマスシーズンになると必ず誰かしらが本棚から取り出してくるクリスマスの定番の絵本です


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


frefremama at 14:18|PermalinkComments(0)

2017年10月30日

ハロウィン!

明日はハロウィンですね。

こども達、お友達とお菓子交換をしたいみたいです
お菓子は用意したんですが、ラッピング袋を買うのを忘れてしまい…。家にあった折り紙で作ってみました。
折り紙二枚とセロハンテープで《テトラ型ラッピング》に挑戦毛糸で紐もつけてみて、何となく様になったような??
ちょっとシワってなっちゃったけど…。
中身は、キャンディやチョコレートやラムネです!

[画像:769b003f-s.jpg]

さて、明日のハロウィンにちなんだ絵本を!
息子の好きな《おさるのジョージ》のシリーズです。

『おさるのジョージ ハロウィーン・パーティーにいく』
M.&H.A.レイ 原作 福本友美子 訳 岩波書店

おさるのジョージ ハロウィーン・パーティーにいく

おさるのジョージがハロウィンパーティーに出かけます。仮装をしたり、いろいろなハプニングがおきたり!
テレビで見慣れているキャラクターだからか、息子はジョージの絵本が好きです。図書館にいくと毎回何かしら借りています。
季節ごとにジョージと一緒に季節の行事を楽しめると楽しいですね!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



frefremama at 22:05|PermalinkComments(0)