うさぎ

2017年10月03日

明日は十五夜! お月様の絵本

明日10月4日が今年の十五夜なのだそうです。気が早いですが、今日はおやつに《お月見まんじゅう》なるものを
明日のおやつはお団子ですね(食べることばっかり(笑))

[画像:3c3899fc-s.jpg]

さて、お月様の出てくる絵本は娘がまだ小さい頃、我が家では寝かしつけのタイミングで読む本になっていました。ややゆっくり目に優しい口調で読み聞かせしていたように思います。そうすることで、自分の心もなんだか落ち着いたようなそんな記憶があります最近は寝かしつけの読み聞かせの機会がだんだん減ってきてしまっていますが、久しぶりに今日と明日はお月様の本を読んでみようかしらと思っています。

『おつきさまこんばんは』
林 明子 福音館書店

おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本)

有名な絵本です。読んでいるとつい優しい声色になる絵本です。寝かしつけのときに読むのにぴったりの絵本ですね!お月様は赤ちゃんの大好きな《丸いお顔》なので、赤ちゃんも興味を持ちやすいのではないでしょうか。

『ぴよちゃんのおやすみなさい』
いりやま さとし 学習研究社

ぴよちゃんのおやすみなさい (おやこであそぶしかけえほん)

この本は娘の寝かしつけのときのお気に入りの絵本でした。ほぼ暗記していたくらい(笑)しかけ絵本なので、ページをめくる楽しさもありますひよこのぴよちゃんが主人公で、お月様はちらっとしか出てこないのですが…夜の闇を優しく照らしてぴよちゃんを見守るお月様という情景が暖かい気持ちになる絵本です。最後が「おやすみなさい」で終わるのでまさに寝かしつけのタイミングで読みたい本ですね!

明日は十五夜、ススキはなかなか手に入らなくなってしまいましたが、お団子をこどもと一緒に食べて季節の行事を楽しみたいと思っています。皆様も、楽しい十五夜をお過ごしください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング





frefremama at 13:15|PermalinkComments(0)

2017年09月29日

リンゴの絵本と、ウサギリンゴ

この前、食後のデザートにリンゴをだしました。何となくウサギリンゴにしてだしたのですが、その時の息子の反応にちょっと笑ってしまいました

【わたし】「はい!デザート~。」
【 娘 】「わぁ~、うさぎのリンゴだ~
【  息子  】「これ、カニ?」
【わたし】「カニ…蟹?あっ!カニの爪っぽいね~。」(ちょっと笑いそうになっている)
【 娘 】「うさぎだよ~!!」
【わたし】「確かに、蟹の爪みたいにも見えるもんねぇ。」
【  息子  】「うさぎ???エビ?あっ、カニか!」
【わたし】「まぁ、いろんな風にみえるんだね~。」(笑いを我慢)

息子、ちょっと天然です(笑)これまでもいろんなおもしろ発言をしてきましたが、久しぶりに想定外のことを言われてちょっと笑っちゃいました本人は、いたって真面目に発言をしているので、笑うと怒られます…必死に笑いをこらえてましたが、途中で一瞬はさまれた「エビ?」がツボにはまってしまい、ちょっと笑ってしまいました

[画像:3984e7f3-s.jpg]

さて、スーパーなどでもリンゴが少しづつお安く売り場も広くなってきました。これからリンゴがおいしい季節ですね!リンゴを食べてリンゴの絵本を読んでリンゴのシーズンを楽しみましょう

『りんごかもしれない』
ヨシタケシンスケ ブロンズ新社

りんごかもしれない

たった一つのリンゴから広がる発想。その発想力にクスッと笑ったりこんな発想できるのかとびっくりしたり。「かもしれない」っていう言葉のもつ力はすごいですね。わが家の息子…字を書いたりはまだ苦手で学年でものんびり屋ですが、天然の息子にはもしかするとこんな風に世界をみることができるの《かもしれない》!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

frefremama at 09:19|PermalinkComments(0)