2018年01月31日

今日は皆既月食!模型を使って太陽・地球・月の位置(並び方)をみてみよう!

今日2018年1月31日~2月1日にかけて皆既月食がおこります。
今日のニュースのお天気コーナーなどでも話題になっていますね。

月食とは、月が地球の影に隠れしまうことをいいます。
地球が地球の影にすっぽり隠れてしまう場合が皆既月食です。
皆既月食が起こるとき、地球の影に隠れるので真っ暗になって全く見えなくなると思いがちですが、実際には全く見えなくなってしまうわけではありません。て
うっすら赤く、ぼんやりとした満月の形で見えます。

先日、栄光ゼミナールの理科実験教室に参加したとき(こちらの記事参照)に月の動きと地球からの見え方をお勉強できる模型をいただきました。
その模型をつかって皆既月食のときの太陽と地球と月の並び方などを見てみたいと思います。

【模型】
豆電球:太陽
真ん中の大きいほうの球体:地球
小さいほうの球体:月

《図1》
DSC_0986

皆既月食の場合、上の図1のように太陽、地球、月が一直線上に並びます。
月が地球の影にかくれるというのはこういうことなのですね。

《図2》
DSC_0987

図2では、暗いところで豆電球を光らせてみました。
地球の光が当たっている半分は昼で、残りの半分が夜です。
夜の部分に自分が立っているときに月を見上げた場合、月が地球の影にすっぽりと入っているということになります。
今日の夜の皆既月食のときにはこの並びになるということなのですね。

ちなみに、図2では地球の影にはいっている月は光が当たらず光っていません。
けれど、実際の皆既月食のときの月の見え方はうっすら赤くぼんやりとした満月の形に見えます。
※これは、太陽光の進路が地球の大気を通ると屈折するため、わずかに月面を照らすことによりそう見えるそうです。地球の大気には青い光を散乱させやすく赤い光には影響を与えにくい特徴があるため赤くみえるということです。(ディスカバリーパーク焼津天文科学館のホームページ参照)

お天気次第ですが、みなさんも今日は空を見上げてみてはいかがでしょうか?
防寒対策と安全への配慮は忘れずに!!

☆皆既月食が見られる時刻と方角☆

【月が欠け始める時刻】

20時48分(東南東の空)
【月が完全に地球の影に隠れている時刻】 
21時51分~23時8分(南東の空)
【月が満ち始める時刻】 
23時8分(南南東の空)
【月がもとの満月に戻る時刻】 
0時12分(南の空)


frefremama at 10:49|PermalinkComments(0)

2018年01月25日

もうすぐ皆既月食!こどもと一緒に観察してみる?!

もうすぐ皆既月食がおこることご存知でしょうか?
まだ、ニュースなどではあまり取り上げられていないようですが、2018年1月31日から2月1日にかけて皆既月食がおこります。

月食とは、月が地球の影に隠れてしまうことをいいます。
地球が地球の影にすっぽり隠れてしまう場合が皆既月食です。

皆既月食が起こるとき、地球の影に隠れるので真っ暗になって全く見えなくなると思いがちですが、実際には全く見えなくなってしまうわけではありません。
うっすら赤く、ぼんやりとした満月の形で見えます。
皆既月食は、数年前にあった皆既日食と違って肉眼で観察できるし道具もいらないですので、時間帯によっては比較的観察しやすいですよね。


☆皆既月食が起こる日☆


2018年1月31日から2月1日にかけて

☆皆既月食が見られる時刻と方角☆

【月が欠け始める時刻】

20時48分(東南東の空)
【月が完全に地球の影に隠れている時刻】 
21時51分~23時8分(南東の空)
【月が満ち始める時刻】 
23時8分(南南東の空)
【月がもとの満月に戻る時刻】 
0時12分(南の空)

今回の皆既月食は、比較的観察しやすい時間帯におこります。
(日本中どこから見ても上記の時間帯です。)
わが家の娘も「見たい!」といっているので、起きていられるなら見ようと思っています。
でも、普段20時半に寝ている娘ですので、難しいかなぁとも思っていますが…。
高学年のお子さんなどはしっかりと観察することもできそうですね!

先日、栄光ゼミナールの理科実験教室に参加したとき(こちらの記事参照)に頂いた資料によると《月が大きくかけてしまってからでは、月を探すのが難しいことがあります。月の位置は早めに確認しておきましょう》とのことです。
観察される方はご注意くださいね!!

あとは当日のお天気がいいことを祈るばかり。
寒い季節なので観察する方は防寒もしっかりとしましょうね~!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お月様といえば、こちらの絵本!
ブックファーストや赤ちゃん向けの読み聞かせでよく見かけますよね。
まぁるいお顔のお月様に赤ちゃんも興味津々!赤ちゃんって、丸いものが大好きですもんね~。
皆既月食の話をしていて、久しぶりに懐かしくなって読んでみました。
この本を読み聞かせするときは、何だかわたしの声もいつもより穏やかになる気がします。

『おつきさまこんばんは』
林 明子    福音館書店


frefremama at 20:38|PermalinkComments(0)

2017年11月17日

新聞紙を42回折ると月に届く!?【遊びの算数】

みなさんは、《新聞紙を42回折ると月に届く》という話をきいたことあるでしょうか?
わたしは、ずっと昔に何かで聞いたことがあったようでなんとなく知っていて。
先日、ふとしたことから自宅で娘とちょっとやってみよう!ということになりチャレンジしてみました

DSC_0463

これで、7回折った状態です。もう曲げることができません。
わが家での限界は7回でした!!
娘も別の紙で挑戦したのですが、やはり7回が限界でした

BlogPaint

7回折ったときの厚みです。だいたいですが、1cmくらいですね!

ここからは少し数学っぽい話を。

さて、紙の厚さを0.1㎜と仮定すると、1回折ったら0.2㎜、2回で0.4㎜、3回で0.8㎜というようにどんどん厚みが倍になっていきます。
これを式で表すと、【n回折った場合の紙の厚み(㎜)=0.1㎜×2のn乗】ということになります。
42回折った場合、紙の厚みがどれくらいになるかを上の式に当てはめて考えると、
42回折った場合の紙の厚み(㎜)=0.1㎜×2の42乗=0.1×4398046511104=約440000000000
キロメートル単位に治すと約440000キロメートルとなります。
月までの距離一般的にだいたいおそぞ380000キロメートルとされているので、計算上は紙を42回折ると月まで届くということになるのです。

ちなみに、n回のnの数字を変えることでいろいろと計算できます。
いろいろ計算してみるととってもおもしろいですよ
ただ、計算するときの単位の換算をわたしは最初間違ってしまい…単位の換算、要注意です。

10回折った場合の厚み=約10cm
14回折った場合の厚み=約163cm ※わたしの身長を超えます…
20回折った場合の厚み=約104m
25回折った場合の厚み=約3355m ※だいたい富士山

紙を折ったり、わたしや主人が計算した数字で
「〇回折ったら〇くらい!すご~い!別の紙でもう一回折ってみる!」
といって楽しそうにしている娘に
「これも算数なんだよ。」
とわたしや主人がいうと、
「これが算数なの?」
といっていたのですが、これも算数ですよね!

教科書に載っている算数でもなく、お金など実生活に関係する算数でもなく、【遊びの算数】。
教科書には載っていないし、テストにもでない。これから先の人生で役に立つことはないかもしれない。でも、楽しく家族みんなで楽しみながら指が痛くなるほど必死で紙を折り、裏紙いっぱいに必死で計算した算数。
そんな算数があってもいいと思います

決して役にはたたないかもしれませんが…みなさんも家族で【遊びの算数】いかがでしょうか??
紙、8回以上折れたかたがいたらどうやったかぜひ教えてほしいです~!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



frefremama at 11:19|PermalinkComments(0)

2017年10月03日

明日は十五夜! お月様の絵本

明日10月4日が今年の十五夜なのだそうです。気が早いですが、今日はおやつに《お月見まんじゅう》なるものを
明日のおやつはお団子ですね(食べることばっかり(笑))

[画像:3c3899fc-s.jpg]

さて、お月様の出てくる絵本は娘がまだ小さい頃、我が家では寝かしつけのタイミングで読む本になっていました。ややゆっくり目に優しい口調で読み聞かせしていたように思います。そうすることで、自分の心もなんだか落ち着いたようなそんな記憶があります最近は寝かしつけの読み聞かせの機会がだんだん減ってきてしまっていますが、久しぶりに今日と明日はお月様の本を読んでみようかしらと思っています。

『おつきさまこんばんは』
林 明子 福音館書店

おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本)

有名な絵本です。読んでいるとつい優しい声色になる絵本です。寝かしつけのときに読むのにぴったりの絵本ですね!お月様は赤ちゃんの大好きな《丸いお顔》なので、赤ちゃんも興味を持ちやすいのではないでしょうか。

『ぴよちゃんのおやすみなさい』
いりやま さとし 学習研究社

ぴよちゃんのおやすみなさい (おやこであそぶしかけえほん)

この本は娘の寝かしつけのときのお気に入りの絵本でした。ほぼ暗記していたくらい(笑)しかけ絵本なので、ページをめくる楽しさもありますひよこのぴよちゃんが主人公で、お月様はちらっとしか出てこないのですが…夜の闇を優しく照らしてぴよちゃんを見守るお月様という情景が暖かい気持ちになる絵本です。最後が「おやすみなさい」で終わるのでまさに寝かしつけのタイミングで読みたい本ですね!

明日は十五夜、ススキはなかなか手に入らなくなってしまいましたが、お団子をこどもと一緒に食べて季節の行事を楽しみたいと思っています。皆様も、楽しい十五夜をお過ごしください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング





frefremama at 13:15|PermalinkComments(0)