2018年01月11日

わたしの2018年本屋初め

さて、こども達も学校&幼稚園が始まり、通常の生活が戻ってきました。
今日、久しぶりに本屋さんにひとりで行って来ました!
冬休みの間は、こども達が一緒なのであまりゆっくりウロウロ見られない(というか、こどもの本のコーナー以外行けない)ので、これがわたしの2018年本屋初めとなりました。

さて、今回本屋さんに行ったのには特に目的はありません(笑)
元々、本屋さんをうろついていろんな本をみたり、店員さんが書いたPOPをみるのが好きなのです。

2018年は雑誌やエッセイだけじゃなく、小説や物語を読みたいなぁと思っているのですが、興味のある本を片っ端から買っていたら家計が破綻してしまうので、どうしても手元に置きたい本以外は図書館で借りて読みたいと思います。

今日、本屋さんで見かけて興味を持った本はコレ!

『弁当屋さんのおもてなし ほかほかごはんと北海鮭かま』喜多みどり
角川文庫


文庫本コーナーでふと見かけて、おいしそうなお弁当の絵に惹かれてしまいました(笑)
ぱらぱらと中をみたのですが、家事や育児の合間でも読みやすそう。
同じシリーズでもう1冊でています。

『弁当屋さんのおもてなし 海薫るホッケフライと思い出ソース』喜多みどり
角川文庫


このホッケフライすっごくおいしそう!
食べてみたい!
あれ?本屋さんに行ったのに、食べ物のことばかり(笑)


わたし、最近あまり本を読まなくなったからか、軽く読めそうな本に興味が向いてしまいます。
昔は、割りといろんな本を読んでいたような気がするんですが…
まぁ、あまりベビーな本より今のわたしには軽いライトな本が合ってるのでしょうね!
(ただ単に、難しく難解なものはわたしの頭では理解できないだけかも~。)

近いうちに、図書館初めに行こうと思っています。
今年は、わたしの読みたいと思った本や読んだ本についても余裕があればブログに書けたらいいなぁ。

さっきの本も、読んでみたら感想をかけたらと思います。
とりあえず図書館で検索してみます!





frefremama at 14:38|PermalinkComments(0)

2017年12月29日

2017年の図書館納め

昨日は、ウチの近くの図書館の年内最終の開館日でした。
こども達と3人で図書館に行って本を借りてきました
こども達、いろいろ大量に借りてわたしのトートバッグとリュックはぎっしり
冬休みは特に読書の宿題はありませんが、いつもより時間があるので本を楽しんでくれたらいいなと思っています。

【娘の図書館納め】

娘が、珍しく借りる本に迷っていたので一緒に児童書コーナーをウロウロ。
わたしがこども時代に読んでいたシリーズなどもまだ並んでいて懐かしく思いました
「このシリーズ、お母さんがこどもの頃読んでいたよ!」とちょっとオススメしてみたり。娘はその中から寺村輝夫さん作の《かいぞくポケット》シリーズを借りていました
あとは、今はまっている怖い話系の本や杉山亮さん作の《名探偵》シリーズなど。
娘の借りる児童書のジャンルが、最近だんだん増えてきたなと感じます。いろいろな本に興味を持つのはいいことですね!

絵本コーナーを完全に卒業して、児童書を読むようになった一年でした。

【息子の図書館納め】

息子は、新しいジャンルはあまり好まず、いつも気に入ったシリーズやジャンルを借りるタイプです。
今回も、馬場のぼるさん作の《へんなねこ》シリーズや、機関車トーマスシリーズ、おさるのジョージシリーズなどお気に入りのシリーズを借りていました。
あとは、図鑑や動物の本、電車の本など。

自分で本を選んで借りるようになった一年でした。

【わたしの図書館納め】

娘&息子が大量に借りたので、もうバッグもリュックもいっぱい!わたしの本をじっくり選ぶ時間もなかったので…主婦向け雑誌を2冊借りて、今年の図書館納めとなりました。

雑誌や実用系の本ばかりで、小説などの物語をあまり読まない一年でした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今年も図書館には大変お世話になりました。

こども達の成長と共に赤ちゃん絵本から絵本へ、絵本から児童書へと見るコーナーは変わっていますが、わたしの育児には図書館は欠かせない存在です。

来年もきっとお世話になること間違いなし!来年はみんなどんな本を読んで好きになるのでしょう。
来年も、みんなで本を楽しみたいです。
《図書館はじめ》ではわたしも久しぶりに物語を借りてみようかな!



frefremama at 06:50|PermalinkComments(0)

2017年12月21日

今時のこども達は昔話を知らない?!『いっすんぼうし』をしらなかったわが家のこども達と、昔話のキャラクターのあの人気CM

しりとりがブームの息子。
車に乗っているときや、暇なときにしりとりをすることがあります。
(しりとりについての話はこちら→

先日、しりとりをしていた時にわたしに「い」が回ってきました。
わたしが、「いっすんぼうし」と答えると、「いっすんぼうしって何?」とこども達。

有名な昔話なので、知っているものと思っていたのですが…こども達は知らなかったようです。確かに、わが家に『一寸法師』の本はないし、これまで図書館で借りたこともなかったと思います。
でも、有名な昔話なので知っていると思っていたので…知らないことにちょっと驚きました。
まぁ、母のわたしが読み聞かせてないのだから知らなくて当たり前なのですけれどね…。

思えば、わたしがこどもの頃はテレビでも昔話のアニメ番組があったり、家に昔話全集のような本があったりして昔話に触れる機会が多かったのだなと思います。
幼稚園などでの読み聞かせやお遊戯会の劇の題材も昔話が多かったように思いますしね。

今時は、選択肢がとても多くて、絵本やテレビ番組もたくさんの種類があります。
わたしがこどもの頃より昔話に触れる機会は少なくなっているのだと思います。
それが悪いことだとは思いません。選択肢がたくさんあるということは悪いことではないと思います。
でも、わたしからすると《当たり前に知っている昔話》がこども達世代にとってはそうではないのだなとちょっぴりさみしく思いました。

某携帯電話会社のCMで、昔話が元になっているCMがありますよね?!
「浦島太郎」「金太郎」「桃太郎」「かぐや姫」など、大人世代からすると有名で誰もが知っているキャラクターです。大人世代にとっては、もともとの昔話やキャラクターについて何となく共通理解があります。
だからこそみんなが面白いCMだなと感じるのだと思うんです。

わが家のこども達、「浦島太郎」「桃太郎」「かぐや姫」は絵本を読んだこともあるので、ストーリーを知っています。なので、CMをみて《昔話のキャラクターが元になっているんだな》ということも大人と同じようになんとなく分かっていると思います。
でも、「金太郎」は、知らないみたいで。
どうやらCMの中だけのキャラクターだと思っている可能性も。。

実は、わたしですら「金太郎」って本でちゃんと読んだことあるのかしら?と…。何となく、クマとお相撲したんだよね~くらいには知っているのですが、それからどうなったんだっけ??という感じです。
母親世代がそれなのでもちろんこども達も知るはずないですね。。

わが家では、基本的に幼児期以降はこども達が選んだ本を図書館で借りて読み聞かせ(または自分で読む)してきています。こども達、昔話を選ぶことはあまりないので…昔話を読む機会は少ないです。
娘は、学校の課題で《昔話やおとぎ話を読もう》というものがあったので、昔話やおとぎ話に一時期はまっていました。息子よりは知っていると思うのですが(でも、どちらかというと外国のプリンセス系のおとぎ話メインで読んでいたので日本の昔話はあまり知らないかも)、幼稚園児の息子はホントにあまり知らないかもしれないなと思います。。

わたしは、昔話ってわざわざ「昔話の〇〇を読むぞ~!」と張り切って購入したり図書館で借りたりする絵本じゃないような気がしていたのですが、最近は日常の会話の中で「●●って昔話知ってる?」と話して話の流れから「今度図書館で借りて読んでみよっか!」とちょっぴり誘導してみたりもしています。

ギリギリまだ読み聞かせを聞いてくれる年齢のこども達なので、いろんな昔話を今のうちに一緒に楽しめたらいいなと思っています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


frefremama at 15:48|PermalinkComments(0)

2017年12月08日

クリスマスプレゼントの本、準備完了!サンタさんを信じるのはいつまで??

先日、取り寄せをお願いしていた(→そのときのはなし)本が届いたと連絡があったので受け取りにいってきました❗

会計&ラッピングもしてもらって、クリスマスプレゼントの本は準備完了です
ラッピング、迷いましたがクリスマスの柄のものに同じ柄で緑と赤があって、赤にしたのですが、シールのリボンも赤だったので、緑にしたらよかったかな?!

[画像:cf31ca86-s.jpg]

今は、わたしのクローゼットの奥に隠しています

小学校低学年になると、兄や姉のいるお友達から「サンタクロースはお父さんお母さんなんだって~❗」などの情報が耳に入るようです
実際、娘から「サンタさんってホントにいるの?プレゼント買うのはお母さんなの?!」ときかれてしまいました

まだ低学年&弟は幼稚園児なので、もう少しの間はサンタクロースさんを信じるファンタジーの世界を味わってほしいので、「お母さんもこどもの頃、クリスマスにプレゼントもらってたよ!もし、お母さんが買ってるんだったら、お母さんにが貰えてるはずないんじゃないかな??」と言ってみました
娘は、「そうなのかな~??」とまだ疑っている様子
わたしが、「だって、もしお母さんが買うならオモチャ貰えないんじゃない?お母さんだったら、本とか、洋服やカバンとか普段使えるものにしちゃうかもしれないよ??」と言うと、「確かに!サンタさんは欲しいもの持ってきてくれる」と納得した様子

以前にも書いたのですが(→こちらのはなし)、クリスマスプレゼントは基本的にこども達の欲しいものをプレゼントするようにしています
わたしの母(こども達のおばあちゃん)の「こども達がサンタクロースを信じている時間は短いよ。オモチャ屋さんで、いわゆるオモチャを欲しがっておねだりしたり、親がオモチャをプレゼントできる時間って短いんだよ。」という言葉がきっかけで、クリスマスプレゼントだけは親の意向よりこども達を優先することにしています

逆に、誕生日プレゼントは、こどもの意見も踏まえつつも親がプレゼントしたいと思うものをこども達に提案して相談していますかなり誘導している場合も(笑)
わが家では、こども達は誕生日プレゼントは親と相談しながら選ぶものと思っているようです

今年はまだサンタさんを信じていてお手紙を書いてクリスマスに向けてワクワクドキドキしているこども達きっとあと数年後、もしかすると来年にはサンタさんを信じなくなっているかもしれません
クリスマスにこんなにウキウキして家族で一緒に楽しめるのはいつまででしょうか?やっぱり、サンタさんを信じてファンタジーの世界にいる間だからこそのドキドキワクワクってありますよね?!
残り少ないであろう時間を大切にしたいと思います


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング





frefremama at 23:06|PermalinkComments(0)