理科

2017年12月04日

栄光ゼミナールの無料の理科実験教室に参加!光の三原色について学びました!

先日、栄光ゼミナールで行われている、理科実験教室に娘と参加してきました

【栄光ゼミナールの無料の理科実験教室とは?!】

低学年向けに年に数回催されている無料のイベントです
ホームページやハガキ(前に参加したことある場合)で案内があり、事前にWebや電話で申し込みをして参加するものです。娘は、以前に一度参加したことがあり、今回2回目の参加でした。予約定員制で、各教室によって定員や時間帯が違うみたいです。

このイベントは、同日に算数・国語の各15分の学力診断(こちらも無料)が受けられます。学校のテスト以外のテストを受ける機会ってないので、娘にとっていい経験になっています。親としても、知らなかった娘の得意or苦手分野を知るいい機会になります

こどもがテストを受けている間、保護者は保護者セミナーへ。こちらは、やはりちょっと営業的な感じも…でも、無理に通塾や入会をすすめたりされることはありませんでしたよ

実験教室は親子で参加します娘もわたしも実験好きなのでワクワク
途中で保護者は順番に声をかけられて別室に一度呼ばれてテストの結果を返却されます。ここでも、強引な営業もなく学習のアドバイスいただいてすぐにまた実験教室に戻りました!

↓今回参加した理科実験教室の案内ハガキ
[画像:73eae1ae-s.jpg]

【理科実験教室 光の三原色】

さて、今回参加した理科実験教室の内容について少しだけ。
今回の実験教室は、『光の三原色LEDをあやつろう 光のたし算』というテーマでした。

まずは、プリントに沿って親子で授業を受けます身近な話題から入って、いよいよ本題!光の色のたし算(色のついた光を重ねたときに何色になるか)を予想します。
予想したら、光の三原色LEDライトを組み立てて実際に実験娘はとっても楽しそうに取り組んでいました

こちらのライト、何とプレゼントで実験教室に参加するといただけるとのこと!組み立てはちょっと難しいこともあるので、保護者の手伝いが必要です。
[画像:c1ca81a0-s.jpg]

帰宅後に再度家でも実験してみている様子です。「色が重なっているところ、何色かな?」と親子で話をしながら実験しました!
ライトを紙に近づけたり遠ざけたり。色々な発見があって楽しいです
[画像:63ed08ac-s.jpg]

《光の三原色》と《色の三原色》、大人でもごちゃ混ぜになってしまっていたり
実際にやってみることができて、楽しく学ぶことができました

《光の三原色》緑、青、赤
緑+青=空色
青+赤=赤むらさき色
緑+赤=黄色


【無料の理科実験教室に参加しての感想】

今回、理科実験教室に参加してみて、わたし自身勉強になりましたし楽しかったです。娘も、実験がとても楽しかったようでした
参加無料で、ライトのプレゼントまでもらえることに驚きですが、宣伝のうちということなのでしょう。でも、しつこい勧誘などもなく、栄光ゼミナールに対していいイメージを持ちました。おそらく、会社としてそこまで考えているのでしょうね。低学年のうちにいいイメージを持ってもらえたらその後につながる可能性が高まりますものね~。

無料のテストも、小学校での教科書とぴったり沿った内容ではなく、はじめてみる文章だったり問題形式だったり。実力を測るという意味でありがたいと感じました。まだ低学年なので、勉強勉強とは思っていませんが、ちゃんと普段の勉強を理解できているのかどうかを知る機会になると思います。
また、テストってある程度問題の形式に慣れると点数がとれる傾向にあると思うので、テスト慣れするにもいい機会だと思いました。
実験教室が楽しいので、それとセットになっていたら塾でのテストというものに関してマイナスのイメージにならずにすむというのもとてもいいと思ます

娘も、「また行きたい!」と言っているし、無料で参加できるのでまた機会があれば是非参加したいと思いました。今のところ、通塾は考えていないので、塾からするとあまり宣伝の効果はないお客かもしれませんが…
毎回、実験のテーマは変わるようなので、もし興味がある分野の実験でお子さんが興味を持ったらおススメしますよ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング





frefremama at 17:41|PermalinkComments(0)