皆既月食

2018年02月01日

お月様が食べられた!?こどもと一緒に皆既月食を観察!

昨日の夜の皆既月食、観察しましたか?
わたしは、こども達&主人と一緒に観察しました!

雲がかかってしまって残念ながら見られなかった地域もあるようですが、わたしの住んでいる町からはキレイにみることができました。みなさんのお住まいの地域では見られたでしょうか?

皆既月食が始まる(欠け始める時間)は20時48分。
普段なら娘も息子も寝ている時間です。
わが家では、20時半にお布団に入り本を読んだりして21時までに寝るというのがいつものタイムスケジュールなのです。

娘は以前から「皆既月食見たい!起きてる!」と言っていて、わたしも「起きてられるなら、そして次の日ちゃんと朝起きるって約束できるならいいよ~!」と言っていました。

数日前からは天気予報を見ながら、どうかな?!とワクワク。
昨日朝の天気予報でどうやら見られそうだと分かって喜んでいました。

さて、いつものようにお風呂に入り20時半には歯磨きをすませたこども達。
皆既月食を見るとはりきっていました。

完全に欠けるのは21時51分。
それまでわが家のこども達が起きているのはおそらく難しい…赤い色の皆既月食の月を見るのは諦めて、半分くらいまで欠ける部分月食が見られたらいいかなと思っていざ観察へgo!

こども達は、スキーウェアの上着を着てニット帽をかぶり手袋をして防寒対策はばっちり!
月が見えるところまで行って寒い中みんなで空を見上げました。

皆既月食が始まり、月が左側からだんだん欠けて欠けた部分は暗くなっていきます。
こども達には大きな声を出しちゃダメと事前に言っていたので、小声で「すごいね~!」と小さな声で大興奮(笑)

丸い月が少しずつ欠けていく様子を見て息子が「クッキーがかじられてるみたい!」と言っていました。
それを聞いた娘が「食べられてるみたいだから月食なのかな?!」と!!
確かに食べられてるみたいにみえますね!
言葉を考えた先人のセンスとウチのこども達同じ感性を持っているようです(笑)

半分までいかないくらいでこども達は眠さと寒さで限界がきてしまい、みんなで帰宅しました。
こども達は、本当に眠かったようですぐに夢の中。

眠かったし寒かったけれど、みんなで見られて良かったなと思いました。

わたしと主人は、月が完全に地球の影に入って赤くなる姿をマンションの非常階段から交代で観察しましたよ~!
本当に赤いですよね。ビックリしました!

今回、こども達は起きていられたし、主人も残業がなくて帰ってこられたので家族みんなで観察することができました。

数年前はまだ息子が赤ちゃんで、こんな風に家族で月を見上げる日が来るなんて想像しませんでした。
こどもってあっという間に成長してるんですね。
思春期に入って、一緒に月を見上げなくなるのもきっと遠くない未来なのかも…。

家族みんなで貴重な体験を家族で共有することができて良かったです!

ちなみに、皆既月食の赤いお月様は朝のニュースでこども達も見て「見たかったな~!」と言ってました。
もう少し大きくなって遅くまで起きていられるようになったらみんなでまた見たいと思います!


こちらの記事もよろしければどうぞ
もうすぐ皆既月食!子供と一緒に観察してみる!?


frefremama at 08:11|PermalinkComments(0)

2018年01月31日

今日は皆既月食!模型を使って太陽・地球・月の位置(並び方)をみてみよう!

今日2018年1月31日~2月1日にかけて皆既月食がおこります。
今日のニュースのお天気コーナーなどでも話題になっていますね。

月食とは、月が地球の影に隠れしまうことをいいます。
地球が地球の影にすっぽり隠れてしまう場合が皆既月食です。
皆既月食が起こるとき、地球の影に隠れるので真っ暗になって全く見えなくなると思いがちですが、実際には全く見えなくなってしまうわけではありません。て
うっすら赤く、ぼんやりとした満月の形で見えます。

先日、栄光ゼミナールの理科実験教室に参加したとき(こちらの記事参照)に月の動きと地球からの見え方をお勉強できる模型をいただきました。
その模型をつかって皆既月食のときの太陽と地球と月の並び方などを見てみたいと思います。

【模型】
豆電球:太陽
真ん中の大きいほうの球体:地球
小さいほうの球体:月

《図1》
DSC_0986

皆既月食の場合、上の図1のように太陽、地球、月が一直線上に並びます。
月が地球の影にかくれるというのはこういうことなのですね。

《図2》
DSC_0987

図2では、暗いところで豆電球を光らせてみました。
地球の光が当たっている半分は昼で、残りの半分が夜です。
夜の部分に自分が立っているときに月を見上げた場合、月が地球の影にすっぽりと入っているということになります。
今日の夜の皆既月食のときにはこの並びになるということなのですね。

ちなみに、図2では地球の影にはいっている月は光が当たらず光っていません。
けれど、実際の皆既月食のときの月の見え方はうっすら赤くぼんやりとした満月の形に見えます。
※これは、太陽光の進路が地球の大気を通ると屈折するため、わずかに月面を照らすことによりそう見えるそうです。地球の大気には青い光を散乱させやすく赤い光には影響を与えにくい特徴があるため赤くみえるということです。(ディスカバリーパーク焼津天文科学館のホームページ参照)

お天気次第ですが、みなさんも今日は空を見上げてみてはいかがでしょうか?
防寒対策と安全への配慮は忘れずに!!

☆皆既月食が見られる時刻と方角☆

【月が欠け始める時刻】

20時48分(東南東の空)
【月が完全に地球の影に隠れている時刻】 
21時51分~23時8分(南東の空)
【月が満ち始める時刻】 
23時8分(南南東の空)
【月がもとの満月に戻る時刻】 
0時12分(南の空)


frefremama at 10:49|PermalinkComments(0)

2018年01月25日

もうすぐ皆既月食!こどもと一緒に観察してみる?!

もうすぐ皆既月食がおこることご存知でしょうか?
まだ、ニュースなどではあまり取り上げられていないようですが、2018年1月31日から2月1日にかけて皆既月食がおこります。

月食とは、月が地球の影に隠れてしまうことをいいます。
地球が地球の影にすっぽり隠れてしまう場合が皆既月食です。

皆既月食が起こるとき、地球の影に隠れるので真っ暗になって全く見えなくなると思いがちですが、実際には全く見えなくなってしまうわけではありません。
うっすら赤く、ぼんやりとした満月の形で見えます。
皆既月食は、数年前にあった皆既日食と違って肉眼で観察できるし道具もいらないですので、時間帯によっては比較的観察しやすいですよね。


☆皆既月食が起こる日☆


2018年1月31日から2月1日にかけて

☆皆既月食が見られる時刻と方角☆

【月が欠け始める時刻】

20時48分(東南東の空)
【月が完全に地球の影に隠れている時刻】 
21時51分~23時8分(南東の空)
【月が満ち始める時刻】 
23時8分(南南東の空)
【月がもとの満月に戻る時刻】 
0時12分(南の空)

今回の皆既月食は、比較的観察しやすい時間帯におこります。
(日本中どこから見ても上記の時間帯です。)
わが家の娘も「見たい!」といっているので、起きていられるなら見ようと思っています。
でも、普段20時半に寝ている娘ですので、難しいかなぁとも思っていますが…。
高学年のお子さんなどはしっかりと観察することもできそうですね!

先日、栄光ゼミナールの理科実験教室に参加したとき(こちらの記事参照)に頂いた資料によると《月が大きくかけてしまってからでは、月を探すのが難しいことがあります。月の位置は早めに確認しておきましょう》とのことです。
観察される方はご注意くださいね!!

あとは当日のお天気がいいことを祈るばかり。
寒い季節なので観察する方は防寒もしっかりとしましょうね~!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お月様といえば、こちらの絵本!
ブックファーストや赤ちゃん向けの読み聞かせでよく見かけますよね。
まぁるいお顔のお月様に赤ちゃんも興味津々!赤ちゃんって、丸いものが大好きですもんね~。
皆既月食の話をしていて、久しぶりに懐かしくなって読んでみました。
この本を読み聞かせするときは、何だかわたしの声もいつもより穏やかになる気がします。

『おつきさまこんばんは』
林 明子    福音館書店


frefremama at 20:38|PermalinkComments(0)